藤井 康雄 ふじい やすお

ファンレター

〒160-8501
東京都新宿区左門町4番地 四谷アネックス
株式会社 サンミュージックプロダクション

お問い合わせはこちら

名前 藤井 康雄 ふじい やすお
出身地 広島県福山市
生年月日 1962年7月7日
血液型 A型
サイズ 身長181cm  体重83kg 
趣味 音楽鑑賞・映画鑑賞
特技 カラオケ(J-POP)
その他 元阪急ブレーブス(現オリックス)
 

 業務提携 

  • CD

    「・・・洋子’99」 1999年(※尾崎和行アレンジプロデュース)

  • その他

    1986年 ドラフト会議で阪急ブレーブス(現・オリックス)4位指名

    2002年 現役引退

    2003~06、09年 オリックス・ブルーウェーブ二軍打撃コーチ

    2007~08、10年 オリックス編成部

    2011~16年 ソフトバンクホークス一軍打撃コーチ

    2018~19年 オリックス一軍打撃コーチ、二軍打撃コーチ

    2019年11月~ 中学硬式野球チーム神戸中央リトルシニアのコーチに就任


    【表彰】

    ベストナイン 1989年、1993年

    月間MVP 1990年5月、1993年7月

    パ・リーグ特別表彰(努力賞) 1993年


    【通算成績】

    打率:.252 安打:1207 二塁打:239 三塁打:21 本塁打:282 打点:861

    満塁本塁打:14本(歴代3位)代打満塁本塁打:4本(プロ野球記録)シーズン満塁本塁打:3本(プロ野球記録)

    ※2001年にはプロ野球史上唯一の3点差2死からのお釣り無し代打逆転サヨナラ満塁本塁打を記録。


    【概要】

    1962年7月7日、広島県福山市生まれ。「巨人の星」に憧れて、小学校2年生から野球を始める。

    プリンスホテルに入社しその後1986年のドラフト会議で

    阪急ブレーブス(現・オリックス)より4位指名を受け入団。

    翌年には77試合に出場する。

    1989年には右翼手のレギュラーとなり「ブルーサンダー打線」の一角として恐れられ、

    翌年1990年5月には打率.363。6本塁打、18打点の活躍で初の月間MVPを獲得、

    その年は自己最多となる37本塁打96打点をマークした。

    その後は怪我に苦しむが、1993年に86打点を上げて2度目のベストナイン選出、

    またパ・リーグ特別表彰で努力賞を受賞した。


    1995年阪神大震災の影響が強く残る中でリーグ優勝に貢献し翌年1996年には選手会長としてより一層

    チーム・選手を纏めリーグ連覇と日本一に貢献した。

    1998年には400打数100安打30本塁打80打点というの好成績を残した。

    豪快な打撃で美しい放物線を描くホームランと勝負強さ、そしてその人柄で誰よりもファンに愛され、

    阪急・オリックス一筋で中軸として活躍し続けた事から『ミスター・ブルーウェーブ』と呼ばれた。

    チームの中心的役割を果たすなど長年に渡ってチームを支え2002年に現役引退。

    引退した翌年の2003年から2006年まオリックス二軍打撃コーチ務め、07年は編成部入り。

    2009年は再び二軍打撃コーチに復帰し、T-岡田らを指導。


    バッティングフォームを研究する為に【4スタンス理論】を研究・追求し考えを纏め【4スタンス理論】をもとにしたバッティングの

    理論を選手に伝え教え、選手の意見も聞き入れながら指導し選手は怪我に強く好成績を残すようになった。

    2011年よりソフトバンクの一軍打撃コーチに就任し、主力選手の内川聖一、松田宣浩、柳田悠岐を育て

    2011年、2014年、2015年の3度のリーグ優勝、日本一に貢献した。

    2018年より再びオリックス打撃コーチで戻るも2019年のシーズンを最後にチームを退団した。

    友人の尾崎和行のプロデュースで、1999年に『…洋子’99』など3曲を収録したCDをブルースターレコードから出している。

    同CDでは大島公一や谷佳知もコーラスを務めた。